舶来万年筆(海外万年筆)と国産万年筆の書き味、字幅の違いは?

国産と舶来品の字幅・書き味の違いは?

手書きの風合いが魅力的な万年筆。

万年筆には日本のメーカーが作った国産品と海外のメーカーが作った舶来品(海外メーカー品)があります。

国産万年筆と舶来万年筆にはそれぞれの良さがありますが、どちらを選んだらいいの?と疑問に思われる方も多いでしょう。

やはりメーカーごとにペン先の種類はさまざまですし

さらに国産の万年筆のペン先と舶来品の万年筆のペン先では同じサイズ名でも文字の太さに違いがあります。

 

この記事では、5-6年万年筆を検品している私が感じてきた変遷も含め、
主なメーカーごとに、ざっくりと選び方を書いていきます。

 

一般的に国産にくらべて舶来品のペン先の方が1段階太いと言われています。

たとえば舶来品のペン先の細字は、国産のペン先では中字の大きさです。

それぞれのペン先のサイズで、舶来品のほうが大きくなっています。

舶来品の万年筆を選ぶときにはぜひペン先の大きさにも気を付けて選びましょう。

 

※ただ、モデルやロットによって、あるいは個体差もあり

字幅にはゆらぎがあります。

おおよその目安、程度にとどめて参考にしていただければ幸いです。

まず、国産の万年筆の書き味

国産は、パイロット、セーラー、プラチナが有名どころです。

国産万年筆は、世界的基準で見ると細めに仕上がっており、とめはねはらいがとても綺麗に出、
ストレスフリーで書けることで人気があります。

3社とも、まったく違った書き味なのですが
・書き出しの線の美しさ
・ある程度硬さがしっかりあり、コシのある書き味
・精巧な作り

…このあたりが日本の特徴なのかなと思います。

とにかく、この値段帯でこの作りの良さ。
世界的に見ても他の追随を許さない極上の仕上がり。

舶来万年筆にはないメイドインジャパンの良さがぎゅっと詰まっています。

 

わたしも、国産万年筆は(実は)愛用しています。

舶来万年筆の書き味、字幅

さて舶来万年筆。

日本産に比べると、アルファベットを書くことの多い海外万年筆ですので
とめはねはらいなどは、そこまでこだわって作られていません。

 

が、それぞれのメーカーの良さがあるので
比較していただければと思います。

 

当店の特性上、イタリア万年筆が多くなっていますのでご注意ください。

この記事に出てくるニブの硬さ・柔らかさについて

一点注意が必要なのが、ニブの硬さの表現についてです。
一般的にニブ(ペン先)が硬いと、筆圧に強いというメリットがあります。

 

一方、柔らかいニブはしなりがややあるためにかなり強い筆圧の方ですと
ペン先が曲がる可能性があります。

 

硬いニブは、しならないためにフローがドバドバとは出ないのですが
そのおかげで端正な線が出ることが多い。
柔らかいニブはしなるためにフローが潤沢で
線はおおらかになるという印象があります。

 

ただこれも一般的には…という話で
ひとつひとつのメーカーの特性にもよりますので
こんな捉え方もあるんだな、というくらいに考えていただければと思います。

ペリカン Pelikan の字幅と書き味

ペリカンM600

ペリカンは、フローがとても良い場合が多く、またペンポイントも大きめなので
字幅は国産の1-1.5段階上になることが多いです。
まれに、細めの個体もありますが…。

 

書き味はM400,M600などの数字によってペン先がまったく違うため
異なりますが
全体的にはぬらぬら系で、丸いぽってりした字、
あたりの柔らかい出来の良いニブ…という印象です。
M1000はかなり柔らかいので注意。

 

モンブラン Montblanc の字幅と書き味

montblanc-enzo-ferrari001 モンブラン 万年筆 フェラーリ

モンブランも、モデルによってニブがけっこう異なりますので
一概には言えませんがペリカンと傾向は似ているかと思います。
ヌラヌラ系、フローが良い、柔らかめ(クラシックなどは少し硬めですが…)
ペリカンよりも、ニブががっしりしていて重厚感を感じる書き味です。

 

字幅は国産の1段階か1.5段階上です。
特に作家シリーズなどの限定生産品の大き目ニブは太めに出る傾向があるような気がします。

ファーバーカステル(伯爵コレクション)の字幅と書き味

ファーバーカステル 伯爵コレクション 書き味

ファーバーカステルは、スチールニブは硬めの書き味で、いわゆるガチニブといっていいでしょう。

 

伯爵コレクションのほうは金ペンになりますが、
こちらのほうがやや柔らかく作られており、
万年筆に慣れてくるとちょうどよく感じます。

 

作りこみはさすがドイツといった感じで、金属感が適度に楽しめる精緻な感触が得られます。
フローは良い。書きぶりはペリカンと似ていて、ややぽってりした線になります。

 

スチールニブ、金ニブともに字幅は国産のだいたい1段階上です。

 

こうしてみるとドイツ万年筆は共通する書き味があるなあと感じますね。

ビスコンティ Visconti の字幅と書き味

ビスコンティ Visconti 星月夜 Starry night

スチールの場合、近年国産に近い字幅になってきています。
とめはねはらいが良く出る、フローは渋くはないがドバドバ系ではない、という感じです。

 

2022年から18K、14Kニブがインハウス(自社生産)になりました。
しなりはあまりせず、硬めのニブなのですが
ガチガチというわけではなく、金ペンらしい扱いやすさになってきています。

 

字幅は国産より0.5段階上、くらいを想定していただければと思います。

ウォーターマン Waterman の字幅と書き味

ウォーターマンのスチールニブは試したことがなく、わかりません(ごめんなさい。)。

 

金ニブは船のようなかたちのカレンが有名ですが
一体型になっているため、とても硬いです。
金属感があり、かつ硬いので頑丈な印象を得ます。

 

ガチニブなのもあり、細字は細かな綺麗な線がでます。
特に書き出しが美しく出て良いすね。イラストにも向いているかもしれません。

 

0.5-0.8段階上の字幅を想定していただければと思います。

アウロラ Aurora の字幅と書き味

アウロラ ジュングラ Aurora Jungle

アウロラは日本の字幅に近いと言われています。
ただフローが良いものであったりすると、EFでも日本のFくらい、Fが日本のFMくらい…ということはままあります。
アウロラで一番人気はEFですが、書き味について考えると、アウロラは研ぎが攻め込んでいることが多く、EFですと多少カリっとすることがあるかもしれません。
ですので字幅よりも書き味を優先される方にはFをおすすめすることが多いです。

お使いいただいた後ペン先調整をするということも可能ではあります。
そちらも加味された上で一度ご検討いただければと思います。

 

以前はフローを絞っていることが多かったのですが、
最近はぬらっとしたフローに変わってきている感がありますよ。

レオナルド Leonardo Officina Italiana の字幅と書き味

レオナルド Leonardo Officina Italiana 書き味 字幅など

レオナルドは、2021年にニブが変わりました。
それによりスチールニブはしっかり目の気もちの良い硬さに
金ニブはスチールよりもやや撓る、ほど良い柔らかさになりました。

 

ニブのフルチェンジにより、以前よりも字幅も細めに改編。
雰囲気としては0.8段階上くらいでしょうか。

レオナルドは純正インクがかなり通りが良いので、純正インクを入れた際はフローはとても良いです。

 

※2022年に新しいデザインのニブが出ましたが、そちらはまだ該当モデルも少ないので
方向性がはっきりし次第、追記します。

マイオーラ Maiora/デルタ Delta の字幅と書き味

Maiora マイオーラの書き味 字幅は?

マイオーラ Maiora/デルタ Deltaは生産が同じ工房なので
字幅・書き味は同様のものとして書きます。

 

レオナルドと基本的には似た書き味です。
スチールニブは適度な硬さ、金ニブはほど良い柔らかさ。
レオナルドと比べるとペンポイントがやや丸い感じはします。

 

ぽってりした線が書けます。

フローもレオナルド同様、潤沢。

モンテグラッパ Montegrappa の字幅と書き味

モンテグラッパ Montegrappa 書き味 字幅は?

モンテグラッパはスチールニブ・金ニブともにかなり硬め。

限定の特殊なニブ以外は、ニブ本体(ペン体)が分厚いです。

ほとんどしなりません。

 

ただ、金ニブのほうが気持ちすこし、硬さの中に柔らかさを感じます。
金の伝導率の問題なのかもしれません。

 

モンテグラッパ純正インクはさらっとしていてパイロットに近い感じ?なので
書き味もさらさら~としている感じです。
フローは中程度。

 

金属感は存分に味わえます。

柔らかさのあるニブが人気ですが、わたしはモンテグラッパの書き味もけっこう好きです。

 

ピナイダー Pineider  の字幅と書き味

ピナイダー Pineider  字幅 書き味は?

ピナイダーはスチールと金ペンに大きな差があるので注意が必要です。

 

スチールニブは大き目でガチニブ。
フローは絞り気味なことが多いように思います。
ガチニブでフローが絞り気味なのですが
大きめなせいか、そこまで硬さが気になることはありません。

 

字幅は国産の0.5段階上くらいでしょうか。

 

14Kニブはフレックスですので、その他のフレックスニブ同様に
しなるせいで字幅は太く出ます。
国産の1-1.3段階上くらいです。

 

14Kフレックスニブは、かなり柔らかく、筆のような感覚に近いかもしれません。

 

下に出てくるスクリーボ同様に、入門者向けではありません。

スクリーボ Scribo の字幅と書き味

スクリーボ Scribo 書き味 字幅は?

スクリーボはかなり柔らかい部類に入ります。

 

しかし柔らかなのにどこかサリサリ感があって、癖になるニブですよ。

 

14K,18Kと2種ありますが

14Kはフレックス仕様なのでしっかりしなり、
「柔らか~~!」と感じやすい感触があります。

 

18Kはフレックスではありませんが
それでも柔らかい部類に入るくらいには柔らかいです。

 

実用であれば18Kでしょうが、万年筆を使い始めたばかりの方にはおすすめしません。

 

字幅は、フローが潤沢なのと、柔らかくしなるためにけっこう太めです。
BBBなどはマジックペンくらい太くなります。これもまた面白いニブです。

国産の1-1.5段階上を想定すると良いでしょう。

アルマンドシモーニクラブ Armando Simoni Club (ASC) の字幅と書き味

アルマンドシモーニクラブ ASC 書き味 字幅は?

ASCも、フローが良いために字幅はやや太めになります。

個体差もけっこうありますが1-1.3段階くらい上を想定していただければと思います。

 

書き味はスチール、14K、18Kともに柔らかで、
(なぜか)とめはねはらいが綺麗に出るように作られており
日本語を書くのにぴったり!

 

思いのほか綺麗に線が出るので、とても気持ちよいペン先です。

 

18Kはマジックフレックスといって
かなり大き目なフレックスニブなのですが
こちらもきちんとしなり、柔らかく、ふわんふわん♩とするのに
とめはねはらいが美しいのが特徴です。

まとめ

万年筆を選ぶとき、ペン先の種類はとても重要です。

ペン先の種類が多く、また国産と舶来品とでは微妙にサイズも違います。

そんな時はまず自分がどのくらいの太さの文字を書きたいかをイメージしましょう。

自分が好きな太さの文字はどれくらいでしょうか?

 

そのイメージに合わせてペン先を選んでみるのがおすすめです。

最初のうちは選んだペン先で書いた文字が自分のイメージと合わなかった・・・ということもあるでしょう。

でも自分が選んだペン先で自分のイメージ通りの文字が書けたときの喜びはとても大きなものです。

そしてその喜びからどんどん万年筆で文字を書くことが好きになっていくと思います。

その嬉しい気持ちこそが万年筆の楽しさなのです。

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方、ペン先の選び方などご相談に乗れますので、気になる方はぜひLINE@でお気軽にトークしてみてくださいね(*'▽')

使い方・選び方に困ったら 万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!

Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。 LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加
万年筆の使い方・選び方に困ったら

店長
はじめまして!Il Duomo(イル・ドゥオモ)店長の佐藤です。

私は、幼少期から絵や文学(短歌とか詩)などが好きで、文具が大好きでした。

 

大人になってからヨーロッパ文具の美しさと独特の味わいに惹かれて、万年筆の通販サイトをはじめました。

主にイタリアのペンを中心に扱っています。

 

私自身、万年筆を使い始めてから手帳に向かい合う時間が増え、いっとき辞めていた詩歌の趣味も、あらためてはじめることができました。

そんなことから、わたしは筆記で人生はもっと豊かになると信じています。

 

万年筆・ボールペンをただ販売するだけでなく、筆記でどんなことが楽しめるのか、どんな風にペンたちを使っていくのか、そんなことも発信していきたい!と思ってこのブログをやっております。

 

 

万年筆の使い方、ペン先の選び方などご相談に乗れますので、気になる方はぜひLINE@でお気軽にトークしてみてくださいね(*'▽')

使い方・選び方に困ったら 万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!

Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE限定でお得な300円オフクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索▶【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら▼

友だち追加