アート好きにはたまらない万年筆!

 

こんにちは。
今日は美術ファン必見の万年筆を掘り下げていきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、永きにわたって人気があるビスコンティ・レンブラントシリーズ万年筆の、2018年モデル「ダークフォレスト」です。

光と陰の魔術師と呼ばれたレンブラント

 

レンブラント・ファン・レインは17世紀にオランダで活躍した画家で、長い西洋美術史の中でも重要人物の一人になっています。

 

絵画の題材は肖像画や宗教画、神話画などさまざまなジャンルにわたっています。

「光と陰の魔術師」の異名で知られ、明暗のコントラストが強い絵画を多く残しています。

全体的に暗い雰囲気の情景に、一部分だけスポットライトを当てたような感じですね。

 

 

 

「夜警」はとくに有名です。

スポットライトが当たっているかのような刺激的な構図と光の使い方が、当時とても革新的とされていました。

 

幻想的なヨーロッパの暗い森をイメージ

 

17世紀の画家、レンブラントをオマージュして作り上げたビスコンティレンブラントシリーズ。その中でも2018年モデルは自然現象に着目したテーマとなっていて、今回ご紹介するダークフォレストは文字通り暗い森をイメージしています。

 

 

レンブラントのダークフォレストに採用されている、黒に近いグリーンとブルーのマーブル模様は、まさに日のとっぷり暮れた暗い森をイメージさせてくれます。

 

ダークグリーンとブルーのコントラストは美しくて、まさに芸術的な万年筆です。

レンブラント絵画の特徴としてもうひとつ、緑褐色を基調とした輝くような色彩で彩られるという特徴があります。

黒に近いグリーンが基調のこの万年筆は、緑褐色基調の絵画を描いてきた画家レンブラントへのオマージュとしてまさにぴったりのデザインです!

独自の機構がビスコンティの特徴

レンブラントへのオマージュがひしひしと伝わってくるこの万年筆は美術好きにはたまらない製品です!

 

さらに、ビスコンティ製品には他社製品ではみられない独自機構も前衛的に取り入れていますので、ビスコンティ万年筆は持っていてもうれしくて、書いてもウキウキしてきます。

 

マグネティックロック機構

まずひとつめに、キャップを締めるのが気持ち良いマグネティックロック機構です。

 

 

万年筆の他にローラーボールにも採用されています。

キャップの締まり加減にも高級感が溢れていて、ついつい何かを書いてはカシャンと締めたくなるのです。

クリップの形状にもこだわりのデザインがありますよ。

ペンという道具と、ペンで書かれた文章が世界の平和と友好の架け橋になりますようにとの願いを込めて、地元フィレンツェのヴェッキオ橋を模した形になっているのです。

 

美しいレジン、安定した書き味

こちらはダークフォレストではありませんが、レンブラントのピンクです。
マーブルの美しいレジンがご確認いただけますでしょうか。

現物を見ると、とても質のいい透明感のあるレジンだということがわかります!

 

 

ビスコンティ レンブラント 万年筆

 

そして肝心の書き味は、日本の字幅と比べるとやや太い感じですが、インクフローは大変素晴らしい安定感です。
紙へのあたりも硬すぎないのにコシがしっかりあって、毎日ガシガシ使えるようなイメージです。

日常づかいにとってもおすすめですよ!

アート好きな男性へのプレゼントにも

徹底的にこだわり抜いたこのビスコンティのレンブラント・ダークフォレスト万年筆。
一本持っていても損はないです。

 

初めての一本にも妥協したくない方、より高級感のある万年筆が欲しいと考えていらっしゃる方、外国製万年筆を使ってみたい方、多くの方々に胸を張ってオススメします!

美しくて芸術的な万年筆になっているビスコンティのレンブラントダークフォレストは色合いから重厚感も醸し出されていますよね。

 

 

高級感と重厚感から男性にも十分好まれるはずなので、ポップアートが好きな男性に対しては重厚な筆記具として、中世美術が好きな男性に対しては好みにぴったりハマった万年筆として、アート好きな男性(彼氏・ご主人・お父さん)へのプレゼントとしても外れることはないでしょう。

 

※日本国内で流通しているものは新旧のニブが混在しています。

新しいニブのものをお求めなら、お店に確認をしてから購入することをおすすめします。

 

レンブラントシリーズはたくさんあります

ビスコンティのレンブラントシリーズは他にも色がたくさんあるのでおすすめです。

 

日食の妖しく幻想的な雰囲気が表現されたビスコンティレンブラントシリーズのエクリプス。

 

ビスコンティ レンブラント エクリプス(日食)

 

透き通るようなスノーホワイトの軸とエレガントなシルバーのトリムが美しいレンブラントシリーズのホワイト。

ビスコンティ レンブラント ホワイト

 

ビスコンティレンブラント2018ではいままでになかった可愛らしい色合いのデザインも登場。

ビスコンティ レンブラント ピンク

 

他にもビスコンティのレンブラントシリーズは発売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

高級万年筆のビスコンティから発売されているレンブラントシリーズは美術・アート好きな方への贈り物にもおすすめの万年筆です。

もちろん、ご自身の特別な一本にもぴったり!

今後も新しいデザインのレンブラントシリーズが発売されるはずですので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

Il Duomoでも随時新作を紹介していきます。

 

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方、ペン先の選び方などご相談に乗れますので、気になる方はぜひLINE@でお気軽にトークしてみてくださいね(*'▽')

使い方・選び方に困ったら 万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!

 

Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。 LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加
おすすめの記事