万年筆を購入したら、さっそくインクを吸入して書いてみましょう。

今回は、カートリッジ式、吸入式それぞれのインク吸入方法について解説します。

カートリッジ式

how-to-use4

カートリッジ式のインク吸入方法はとても簡単です。まず蓋を外し、銅部分を左回り(反時計回り)に回転させて外します。次にペン先を上にして、カートリッジを奥までまっすぐぎゅっと差し込みましょう。カートリッジは凹みのある側が差し込み口です。カートリッジを差し込むとき、ひねったり強くつまんだりすると、カートリッジが割れてしまうことがありますので注意してください。カートリッジを差し込んだ状態で、ペン先を下に向けてインクが浸透するまでしばらく待てば、やがて書ける状態になります。

もし降りてこない場合はカートリッジをごくごく優しく押すと、インクが下まで浸透してきます。

吸入式・コンバーター式

吸入式やコンバーター式の場合は、万年筆の仕組みを理解しながら吸入するのがコツです。

胴軸(ペン自体)にインクタンクがある吸入式はまず蓋を外し、尾栓部分をゆっくり左回りに回します。抵抗を感じるところまで回しましょう。このとき、万年筆内部にインクが残っているとインクが出てきてしまうため、やわらかい布やティッシュペーパーなどで包んでふき取ります。

次に、ペン先をインクボトルにつけ、尾栓を右回り(時計回り)にゆっくり回しましょう。すると、インクが万年筆内部に入ってきます。この際、ペン先の穴が完全にインクにつかっていることを確認してください。

インクタンクウィンドウがあれば見てみて、インクが補充できたことが確認できたら、吸入完了です。ペン先の周りについた余分なインクを、やわらかい布やティッシュペーパーでふき取ってから書き始めましょう。

コンバーター式

なお、コンバーターを使用する場合も吸入式と似ています。本体とペン先を外したら、コンバーターをペン先に差し込みましょう。ピストンを下げたあとにペン先をインクにつけ、ノブを回してインクを吸入したら完了です。

 

万年筆はインクの補充に手間がかかる印象のある人も多いかもしれませんが、意外と簡単に吸入できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

さぁ、さっそくインクを吸入して、万年筆を使ってみましょう!

Il Duomoのショップで文具をみる

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加
関連キーワード
  • 資格試験に向く筆記具 万年筆
    試験結果を左右する?! 資格試験受験者におすすめの筆記具とは
  • モンブラン ユニセフ 万年筆
    あなたはいくつ知ってる? 有名万年筆ブランド9選
  • できるビジネスマンが万年筆を使う場面
    アナログがかえって魅力。できるビジネスマンが万年筆を使うとき
  • ペン先(ニブ)の選び方
    どんな文字を書く?絵を描くときは?万年筆の用途別ペン先の太さ
  • 万年筆試し書きのポイント アイキャッチ
    いい出合いのために知っておきたい、万年筆の試し書きのポイント
  • 万年筆と合わせて買いたい専用アイテム アイキャッチ画像
    カートリッジから専用紙まで!万年筆とあわせて買いたい専用アイテム
おすすめの記事
Il Duomo手帳部
「手帳を買ったはいいけど続かない…。」「セルフマネジメント、コーチングってどうやるの?」そんな声にお応えしてノウハウ大公開。Il Duomo...