Il Duomo Magazine

輸入万年筆屋のIl Duomo店長が、最新文具情報や筆記によって心豊かに暮らす方法をハックするマガジン。

混ぜない、足さない! 万年筆インクの正しい使い方―古典インク、顔料インク、染料インクとは

time 2017/06/26

混ぜない、足さない! 万年筆インクの正しい使い方―古典インク、顔料インク、染料インクとは

万年筆のインクは取り扱いに注意が必要です。皆さんは間違ったインクの扱い方をしていませんか? 今回は万年筆のインクの正しい使い方について解説しましょう。

顔料インク、染料インク、古典インクとは

インクにはそれぞれの成分ごとに大きく分けて3種類があります。

  1. 顔料インク
    粒子を紙に付着させる仕組みなので耐水性・耐久性が最もすぐれているインク。詰まりやすい欠点がある。
  2. 染料インク
    紙を染めるタイプの水に溶けやすいインク。色が出しやすいのでカラフル。最もよく使われる。
  3. 古典インク
    染料インクの仲間だが、もともと鉄の塩と植物由来のタンニン酸から作られた、耐水性と耐久性のあるインク。

 

混ぜてはいけない

万年筆のインクは混ぜてはいけません。同じメーカーのものであっても、違う色を混ぜるのは基本的に避けましょう。

万年筆のインクには、古典インク、顔料インク、染料インクの3種類があります。このうち、水性である染料インクの一部は自由に混ぜることが可能です。(メーカー保証が受けられなくなる可能性があるので自己責任で!)
ただし、その他のインクは混ぜてしまうと、化学変化が起こってインクの性質が変わってしまうことがあります。使えなくなってしまうこともあるためブレンドは避けましょう。

継ぎ足さない

意外とやってしまいがちなのが、余ったインクの継ぎ足し。
万年筆のインクは同じ色のものでも継ぎ足さないようにしましょう。古いインクボトルには、吸入の際に小さなゴミが入り込んでいます。そのゴミが新しいボトルに入り込まないように、インクは足さないのが基本です。残った少量のインクはガラスペンなどに活用しましょう。最後の1滴までインクボトルのインクを吸引したい場合、スポイトなどを使う方法がありますのでお試しあれ。

暗所で保管しよう

さらに、保管場所にも気を配る必要があります。インクは光に当たると成分が変化してしまうため、直射日光の当たらない暗所で保管しましょう。高温多湿の場所も避けてください。

顔料インクや古典インクは特に気を付けて!

なお、顔料インクは内部で乾燥させないようにも注意が必要です。顔料インクは耐水性がありますが、その分、詰まりやすい特徴があります。蓋をしっかり閉めて保管しましょう。

万年筆インクの消費期限は、2年~3年が目安です。インクを買ったら蓋に購入日を書いたラベルを貼っておきましょう。消費期限の切れたインクはできるだけ使わないのが安全です。また保管状態が悪いと、インクにカビが生えたり、インクが腐ったりしてしまうことがあります。インクに何かが浮かんでいるのはカビが生えているサイン、インクに刺激臭がする場合は腐ってしまっているサインですので、そうなってしまった場合は使わないようにしましょう。

万年筆本体も繊細ですが、インクもデリケートです。万年筆を快適に使うためにも、正しくインクを取り扱い、きちんと保存してくださいね。

Il Duomoのショップで文具をみる

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加

down

コメントする




Editor

岐阜県出身、岐阜県在住。
文具好きが高じて輸入万年筆販売をすることに。 独自ルートがあり、高級文具の種類3000種以上。
Il Duomoのショップはこちら
お探しのモデルがある方は
LINE@やお問い合わせフォーム、
またはメール
でメッセージをどうぞ!
返信はなるべく早くを心がけてます
もっと詳しくみる

LINE@

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加