Il Duomo Magazine

輸入万年筆屋のIl Duomo店長が、最新文具情報や筆記によって心豊かに暮らす方法をハックするマガジン。

【万年筆の楽しみかた】万年筆とインクで詩を書いてみよう

time 2017/08/08

【万年筆の楽しみかた】万年筆とインクで詩を書いてみよう

手書きで、もっとこころは自由に。

好きな万年筆とインク。そしてお気に入りの紙。これらを、「こころを表現すること」に使ってみませんか?

Il Duomoでは、筆記生活をより豊かにするための万年筆の楽しみ方をお伝えしています。
今回は古本屋さんで詩人である庭文庫の中田実希さんの詩のワークショップにIl Duomoの店長が実際に参加し、万年筆のインクから言葉や思いを連想しながら詩を書くというワークショップをしていただきました。

記事を読んだら、みなさんもぜひ思い思いの詩を万年筆にゆだねてみてくださいね。

実は小学校1年生の時から詩を書き溜めていた私ですが、詩を誰かに習うのはこれが初めて。しかも中田さんの詩は切れ味鋭いのにどこか繊細で儚くて、はじめて読んでからすっかりファンになってしまったので、ワークショップを受けるのはとっても楽しみだったのでした。

今回は雰囲気とコンセプトがぴったりの「ギャラリーカフェ詩と美術館」にてワークショップを開催していただきました。

中田実希の詩のワークショップ

中田実希プロフィール写真

中田実希は沖縄生まれ沖縄育ち。東京で数年間勤めていたころに若松英輔の詩の講座に参加。同人誌「時の栞」に参加。詩集「ゆれる」刊行。2016年に岐阜県に移住。詩人であり古本屋。

詩のワークショップの画像-内観

中田実希
まず、今日書く詩は「良い詩にしよう」と思わないことです。
Il Duomo佐藤亜弥美
え、どういうことですか?どうせ書くならカッコイイ「良い詩」を書きたいですけれど…。
中田実希
詩というのは自分の心から湧き上がってくるものをそのままに言葉にしてみる、いわばスケッチのようなもの。「わかりやすい文章」でなくてもいいのです。師匠の若松さんも仰っていましたが、詩とは「自分の心を救うための言葉」であり、「書かざるを得ない人」が書く文字です。
Il Duomo佐藤亜弥美
宮沢賢治の「心象スケッチ」とはそのことですね。書かざるを得ない人、といいますと?
中田実希
本当につらい時を想像してみてください。あなたのまわりの人々がやいのやいのあなたに投げかける応援や慰みや、アドバイス…なかなか染み透らないことが多いのではないでしょうか。
それに対して、自分の心の中から出てくる言葉というのは、間違いなく自分自身の道しるべとなるものなのです。
ですから詩というのはそういったしょうがなく心の中からふつふつと湧き上がってくるものだと思います。
わかりやすく書こうとする自意識を働かせると、自分のためというより、人のための文章になってしまうのです。それも悪くはないですが、本当に自分を救うのは自分の言葉だ、ということを念頭に書いていくといいかと思いますね。
Il Duomo佐藤亜弥美
なるほど、確かに私が詩を書き始めたきっかけも、自分を救うためでした。小さい頃は内向的だったので、自己主張がうまく出来なくて。女子特有の仲間はずれとかも嫌で嫌で、でも仲間を拒むメンタルが無かったので、詩を書いて悲しい気持ちを分散させていましたね…。
中田実希
私も若松さんの詩の講座を受けるまでは詩を人に見せるなんて恥ずかしいと思っていましたが、自分の心を救うために書かずにはいられず人知れずたくさん書いてました。詩が無かったらもっとつらかったろうと思います。

Step1:詩の朗読

詩のワークショップの画像-万年筆

もともと言葉とは発するためにあるもの。声に出して読むことでより詩を深く感じることができます。
中田さんが作った、いろいろな詩人の詩を集めたミニノートのなかから、「ここを読んでみて」「次はこれを」と順繰りに参加者みんなで読んでいきます。

心よ
こころよ
では いっておいで

しかし
また もどっておいでね

やっぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行っておいで

(八木重吉「花と空と祈り」より抜粋)

中田さんは参加者の好みの詩人を事前に把握していて、八木重吉が好きな私はこの詩を朗読することができました。声に出して詩を読むのはちょっぴり緊張しますが、言葉をしみじみと味わうことができ、また自分の声が詩を発することで詩人と自分との共同作業のような味わいとなり、感じ方が深くなりますね。

Il Duomo佐藤亜弥美
八木重吉はこんな素朴な詩が多いんですが、たまにドキッとするような鋭さがありますよね…。
中田実希
こんど原民喜も読んでみて。すごく爽やかなので、好きになると思う。

Step2:今日の気分のインクの色を選ぶ

詩のワークショップの画像-インク

さて、今回は中田さんとIl Duomoのコラボ企画ということで、詩の着火剤になるものを「インク」にしようと決めました。着火剤とは、なにかイマジネーションを膨らませるようなものを嗅いだり、味わったりして、そこから連想する言葉をつないでいくものです。前回のワークショップでは「寒茶」という冬につくる甘い番茶を飲んでから、言葉を連想していったそう。

今回は色彩雫を用意しました。

Il Duomo佐藤亜弥美
今朝から緑色にしようって決めてたので、緑さわやかな竹林で。
中田実希
私は躑躅(つつじ)だな~。綺麗な色。
七海ゆき
(ギャラリーカフェのスタッフも参加!)私は…稲穂かな。

Step3:インクから連想する言葉などを書き続ける

詩のワークショップの画像-説明

中田:では、実際にインクを吸入したり、試し書きしてみたりして、心の中に浮かんでくることをノートにひたすら書いていきましょう。30分くらい時間をとります。

ほかにも中田さんは気を付けたいこととして、

  • 飛躍を恐れない
  • かゆいところを掻くように書く
  • 詩にならなくても散文でも日記でも俳句でもよい
  • 浮かんできたことはとりあえず書いてみる

ということを教えてくれました。飛躍を恐れないというのは、インクの色からかけ離れてしまっても気にせず心に浮かんできたことを書き続けるということです。
また、かゆいところを掻くように書くというのはどういうことでしょうか?

中田実希
普段の生活の中で、「心の中がかゆい」というようなことがあると思います。何か得たいは知れないけど、もやもやする心。そんなとき、詩を使って、かゆいところを掻くように、言葉で表現するんです。
Il Duomo佐藤亜弥美
なるほど、それって詩や文章を書くうえで一番大変なところですよね。「こんな言葉で、わたしの思い表現できてないわ!まだかゆいけど!」って憤ることが多々あります。
中田実希
いろいろな詩を読んで、感じて、書き出すということを繰り返すといつか自分の詩がスッと現れるときがくるのではないでしょうか。とはいえ私も、東京にいたときの詩と、岐阜に移住した後の詩では、まったく詩の感じが違います。わたしの心の変化に従って、詩もどんどん変化しているようです。
Il Duomo佐藤亜弥美
では今、「表現しきれてないな」と思っても、どんどん書いていいんですね…。その間に自分も変化するかもしれないし。実は詩は好きだけど下手なので、最近は書くのをためらってました。
中田実希
詩は自分のためのものです。どんどん書きましょう!私はいろんな人が詩を書きながら暮らす生活をしたらいいじゃないと思っていて、それは自分が詩を書くことで救われたからなんです。いま自分の気持ちが表現できないって困っている人がいたら、その助けにちょっとでもなればと思いつつ古本屋と詩のワークショップをしてるんですよ。
Il Duomo佐藤亜弥美
素晴らしい!私の万年筆屋のコンセプトとも似ています。筆記で心を整えて暮らす、っていいですよね。あんまり詩的じゃない言い方だけど心のデトックスみたいなイメージです。

Step4:実際に詩を書こう!

詩のワークショップの画像-連想するものワーク

中田実希
30分経ちましたが、いかがでしょう?どんな言葉が出たか、教えてください。
七海ゆき
私は稲穂を選びましたが、書いた言葉はあんまり稲穂と関係なくって、動詞や形容詞をとにかくたくさん書きなぐりました。浮かんできた短歌も書いちゃったり。でてきたのは「西に行く」「東から出る」「ぬばたまの」など…。

詩のワークショップの画像-連想するものワーク

(七海さんのをみてみると、もうすでに美しいダダイズム※の詩みたいで素敵でした。)

※ダダイスム(仏: Dadaïsme)は、1910年代半ばに起こった芸術思想・芸術運動のことである。ダダイズム、あるいは単にダダとも呼ばれる。第一次世界大戦に対する抵抗やそれによってもたらされた虚無を根底に持っており、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする。
Wikipediaより引用

Il Duomo佐藤亜弥美
私は竹林を選んだんですけど、最近やたら緑が好きなので、とにかく緑に関することを書きました。小さいころ裏庭で詩を書いてたのを思い出し、その時の気持ちも書いたり。ちょっと飛躍はできなったな…。でてきた言葉たちは「きらきらしている朝露のつぶ」「ねころがる」「ちょうちょになれるんだよ」「詩は緑から出でる」など。
中田実希
では、この出てきた言葉をもとにしてもいいですし、また飛躍してもいいですけれど、詩を書いていきましょう。文章でも構いません、短歌でも。俳句でも。さあ、どうぞ!

ここからは30-1時間くらいかけて詩を書いていきます。
確かに、先に言葉出しをしてアイスブレイクのような感じで心もちょっとほぐれたので、急に詩を書くよりかは格段に言葉が出てきやすくなっています。

でも実は、私はこの日の前に読んだ本の命題のことで考え込みすぎて、なかなか素直な言葉・詩が出てきませんでした。どうやら思考しすぎると、言葉が出てきにくくなるようです。というわけで中田さんに相談してみました。

Il Duomo佐藤亜弥美
先生…どうしても思考が邪魔して今日は出てきません。途中まで書いてるんですが、どうも素直でないようです。
中田実希
では、家で続きを書いてみてもいいでしょう。宿題ということで。

Step5:詩を書く時間を生活の中に入れてみた

そんなわけで続きは後日書くことにしました。中田さんの詩のワークショップは「命を削るように詩を書く」というのでなく、「自分の心のために、詩を生活の一部にしてほしい」というゆるくて優しいもの。詩を書くことがストレスになってしまっては意味がありません。私の気が向いた時に書くことに。

ワークショップを受けてから、一日の終わりの手帳時間のあとに、「詩の時間」をつくりたいと思うようになりました。いままで放置していた私の心を表現する気持ちがむくむく湧いてきたようです。

後日、「つゆくさ」という詩を書くことが出来ました。
中学生の時、夏休みの自由研究で一行詩を1日1つ作るという課題を自分に課しました。ある朝、庭に咲いている紫露草を見て、

「むらさきつゆくさ あさ ひとしずく」

というのを書いたことありました。それ以来、紫露草は私にとってとても特別な花となりました。
紫露草へ抱いた気持ちは、なんだったんだろう?というのを探っていくと、思春期特有の「誰にも理解されない」という孤独感だったり、「もっと友人にこうふるまいたいのに出来ない」という自我のかたまり、そして、ただただ美しく咲いて立っているだけの、淡い紫の花が、憧れのように中学生の私に迫ってきたのかもしれません。その思いが、十数年経った今、新たな詩に昇華したような作品に仕上がりました。

良い詩かどうかはわかりません。でも、詩のワークショップのとき感じた「かゆいところ」をちょっとだけでも掻くように書けたのではないかなと思います。

お気に入りの文具で書く詩の時間は豊かだ

詩のワークショップの画像-内観2

詩を書くのに万年筆は必須ではありません。でも、今回好きな色のインクを使い、大切にしている万年筆を使って、好きなノートに詩を書くというワークをしてみて、ただ単純に書いている時間が上質に感じました。

現代ではモノが溢れ、お金があればなんでも手に入る世の中です。物質的には豊かな生活をしていても、だからこそ、実は忙しすぎて自分の心をないがしろにしていたり、その延長で他者につらく当たってしまったり、ネガティブ思考になってしまったり。そんなことも多々あるのではないでしょうか。心が豊かでないのに、本当に豊かであると言えるのでしょうか?

心は誰にも干渉されることのない自分のもので、自由であるはずなのに、他人の目を気にしたり、自分の意見を通すことばかり考えたり、不自由になりがち。手書きと詩は心を自由にしてくれるツールのひとつです。

忙しい時、苦しい時、ちょっと思考を一休みして、丁寧に万年筆にインクを入れてみる。

美味しいコーヒーでも飲みながら、自分の心の声に耳を傾けて、それをとことん言葉にしていく。

それが詩になる。

それって豊かな時間ではないでしょうか?
自分の心をちょこっとでも救いたい、表現してみたい、ちょっと心の一休みをさせてあげたい。そんな方はぜひ中田さんのやり方で詩を書いてみてはいかがでしょうか。
Il Duomoのショップで文具をみる

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加

down

コメントする




Editor

岐阜県出身、岐阜県在住。
文具好きが高じて輸入万年筆販売をすることに。 独自ルートがあり、高級文具の種類3000種以上。
Il Duomoのショップはこちら
お探しのモデルがある方は
LINE@やお問い合わせフォーム、
またはメール
でメッセージをどうぞ!
返信はなるべく早くを心がけてます
もっと詳しくみる

LINE@

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加