万年筆のお国柄 アイキャッチ画像

世界各国で愛されている万年筆。その作られ方には、実はお国柄が出ているようです。車のメーカーを思い浮かべてみれば、「イタリアは派手なデザインの車が多くて、ドイツは頑丈な名車で…」など商品が国民性を表しているのがわかるでしょう。各国のモノづくりへのイメージは、商品が違っても変わりません。
今回はドイツやイタリア、日本など、各国における万年筆事情について見ていきましょう。

イタリアは芸術が命

まず、イタリアは、ルネッサンスを意識した古典的な黄金比のデザインが多いのが特徴です。女性のラインのような曲線が好まれたり、はっきりした色が多いのも特徴です。イタリア人は芸術に関して手を抜きません。個体差が出てしまうので日本では敬遠されがちなマーブル模様なども、イタリアブランドではよく見られます。芸術的なデザインのものは、見ているだけでうっとりさせられます。

質実剛健なドイツ

これに対して「質実剛健」とされるドイツの万年筆は、人間工学に基づいた実用的なデザインが多くなっています。一方で『ファーバーカステル』の「伯爵コレクション」など、貴族的な印象を持たせるものも見られます。ドイツの万年筆は派手すぎるものはあまりなく、堅実なイメージが強いといえるでしょうか。検品体制が徹底していて安心できるのも特徴です。

安定した最高ラインを量産できる日本

日本の万年筆は世界一の安定性と質を誇るといわれています。誰でも使えるデザインで、やわらかなペン先が魅力です。また、日本ならではの竹や木材を使った軸や、伝統工芸品とのコラボも多く、海外のファンが多いのも特徴です。

洗練されたデザインのフランス

フランスの万年筆は、より洗練されたデザインと凝った作りが特徴です。シンプルながらもディテールにはこだわり、独特の美意識が感じられます。パリジャンやパリジェンヌのファッションイメージと一致するような気がします。

王国としてのイギリス

イギリスの万年筆はビクトリアンなデザインが印象的だといえるでしょう。また「紳士の国」だけあり、イギリス紳士服に合うデザインで作られている点も見逃せません。

アメリカはコスパが良い

アメリカの万年筆は、コストパフォーマンスを重視し、いいものを大衆的に広めようという傾向が強く出ています。デザインや相場観も万人向けで、安心して購入できるといえるでしょう。

精密設計が得意なスイス

時計の有名なスイスの万年筆は、精密な設計とデザインが特徴的です。彫金を得意とし、金メッキをする場合にも金の厚みの基準は群を抜いています。

安くて見栄えのいい中国

最後に、近年成長の著しい中国の万年筆については「高級に見えるものをどこよりも安く!」という考えが垣間見られます。値段は一般的な万年筆の10分の1程度だとか。これからが面白い万年筆かもしれません。

 

いかがでしたか? 時計や車と同じように、万年筆にもお国柄が出ていると思うと、その国の万年筆により愛着がわきそうです。万年筆を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

Il Duomoのショップで文具をみる

あなたにおすすめの記事

混ぜない、足さない! 万年筆インクの正しい使い方―古典インク、顔料インク、染料インクとは
知的な女性を演出。万年筆で書く手紙の魅力とは?
混ぜない、足さない! 万年筆インクの正しい使い方―古典インク、顔料インク、染料インクとは
はじめての万年筆を選ぶポイントとは?①(デザイン編)
【万年筆入門①】万年筆ってそもそもどんなペン?特徴は?
はじめての万年筆を選ぶポイントとは?④(ブランド編)

関連キーワード
  • 資格試験に向く筆記具 万年筆
    試験結果を左右する?! 資格試験受験者におすすめの筆記具とは
  • モンブラン ユニセフ 万年筆
    あなたはいくつ知ってる? 有名万年筆ブランド9選
  • できるビジネスマンが万年筆を使う場面
    アナログがかえって魅力。できるビジネスマンが万年筆を使うとき
  • ペン先(ニブ)の選び方
    どんな文字を書く?絵を描くときは?万年筆の用途別ペン先の太さ
  • 万年筆試し書きのポイント アイキャッチ
    いい出合いのために知っておきたい、万年筆の試し書きのポイント
  • 万年筆と合わせて買いたい専用アイテム アイキャッチ画像
    カートリッジから専用紙まで!万年筆とあわせて買いたい専用アイテム
おすすめの記事
Il Duomo手帳部
「手帳を買ったはいいけど続かない…。」「セルフマネジメント、コーチングってどうやるの?」そんな声にお応えしてノウハウ大公開。Il Duomo...