ペン先(ニブ)の選び方

万年筆のペン先にはさまざまな太さがあります。どのような字を書きたいかによって、適切なペン先の太さは異なります。今回は、どのような用途に、どんな太さの万年筆を使ったら良いかを解説します。

用途別のペン先の文字幅

硬めの極細字が書きたい、というときにはEF(エキストラファイン)の万年筆が適しています。簿記をつけたり、システム手帳に書き込んだりするときに向いているといえるでしょう。ペン習字を習おうとしている人もこのEFの万年筆がおすすめです。

やや硬めの細字が書きたい場合には、F(ファイン)の万年筆がよいでしょう。ノートや履歴書など、きめ細かな字をたくさん書きたいときに使えます。初めて万年筆を使う人で力を入れて書きがちだという人は、Fの万年筆からスタートしてみてください。

手紙や日記を書く際には、FまたはMF(ミディアムファイン)の万年筆がよく使われます。

さらにもう少し大きな字を書きたいという場合にはM(ミディアム)の万年筆がおすすめです。汎用性が高いので、Mの万年筆も初心者に向いています。

サインや宛名書きには一般的にB(ブロード)の万年筆が使われます。サインを求められた時にもサッとこれが出てくれば、「できる人」として一目置かれることでしょう。

絵やデザイン文字を書きたいという場合はMS(ミュージック)やSTUB(スタブ)を使ってみてはいかがでしょうか。MSは本来は楽譜を書くためのペン先です。しかしMSやSTUBは縦線と横線の字幅が異なることを利用して、絵描き用に使う人も多く見られます。また、カリグラフィーアートにも使うことができますよ。

そのほか、メーカーによってさまざまなペン先の太さがあります。たとえば、『パイロット』には、特に大きな字を書きたいという人向けのC(コース)というペン先があります。他の万年筆とは違った書き味で個性をアピールできるでしょう。

また、『セーラー』には、筆記角度によって細字から太字までを自在に書き分けられるZ(ズーム)というペン先もあります。万年筆の使い方に慣れ、さまざまなシーンで万年筆を使いたいという人におすすめです。

舶来(海外)万年筆は太さに注意!

海外の万年筆は字幅が1段階太くなることが多いです。海外のFなら日本のMくらい、というように。
日本では漢字を使うので、細かい字の書けるEF~Fが好まれます。
日本のEFくらいを探そうとすると、舶来万年筆ではほとんどお目にかかれないことが多いのでご注意。

Il Duomoのショップで文具をみる

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加
関連キーワード
  • 資格試験に向く筆記具 万年筆
    試験結果を左右する?! 資格試験受験者におすすめの筆記具とは
  • モンブラン ユニセフ 万年筆
    あなたはいくつ知ってる? 有名万年筆ブランド9選
  • できるビジネスマンが万年筆を使う場面
    アナログがかえって魅力。できるビジネスマンが万年筆を使うとき
  • ペン先(ニブ)の選び方
    どんな文字を書く?絵を描くときは?万年筆の用途別ペン先の太さ
  • 万年筆試し書きのポイント アイキャッチ
    いい出合いのために知っておきたい、万年筆の試し書きのポイント
  • 万年筆と合わせて買いたい専用アイテム アイキャッチ画像
    カートリッジから専用紙まで!万年筆とあわせて買いたい専用アイテム
おすすめの記事