Il Duomo Magazine

輸入万年筆屋のIl Duomo店長が、最新文具情報や筆記によって心豊かに暮らす方法をハックするマガジン。

【万年筆ブランドまとめ】ビスコンティ(VISCONTI)の歴史と特徴まとめ

time 2016/10/03

【万年筆ブランドまとめ】ビスコンティ(VISCONTI)の歴史と特徴まとめ

ビスコンティー 美への追及に妥協はない。職人の手作りにこだわるフィレンツェのブランド

二人のコレクターによって設立されたビスコンティ

ビスコンティは「ダンテ・デル・ベッキオ」と「ルイージ・ポリ」の二人の万年筆コレクターによって1988年に設立された万年筆ブランドです。フィレンツェに本社があり、13世紀の王城をリノベーションして事務所を設置しています。

visconti-pens-firenze-italy-hq
出典:Glenn’s pens
大きな庭園です。

dsc_0006-800-visconti
出典:Glenn’s pens
本社ロビーにはこんなミーティングルームが。

彼ら二人の熱きコレクターたちは、現在の万年筆界の質とスタイルは、万年筆の黄金期である1920年代から1950年代のそれを失っている、と意気投合しブランド設立に至ったそうです。彼らは黄金期の再生を目指し、クオリティの高く、優れたペンを次々と生み出しました。今ではほとんど作られることはなくなった、セルロイド万年筆の復刻モデルなども作っています。
ルイージはビスコンティを去り、今はダンテがビスコンティをリードしています。
ダンテは、「ビジネスプランよりも、より素晴らしいペンを生み出すことに情熱を傾けている」と語っています。

visconti_logo
出典:wikipedia

初期の?ロゴには、‘The Writing Renaissance’(筆記のルネサンス)とあります。これまでの万年筆文化を踏襲しつつも、イノベーションを巻き起こしたいという気概が伝わってきます。ルネッサンスの始まったフィレンツェのブランドらしいコンセプトですね。ビスコンティではルネッサンスの象徴であるミケランジェロをイメージしたモデルの万年筆なども作られています。さあ、ビスコンティをもっと掘っていきましょう。

職人文化とメイド・イン・フィレンツェにこだわったペンたち

viscontiemployee-01
出典:Glenn’s pens

イタリアはじめヨーロッパではもともと職人文化が繁栄しています。世襲制であることも多く、たとえば楽器工房であれば最後の調律部分を担当する人は、自分の調律技術を親から子へと受け継いだりします。服の職人であれば、スーツ全体ではなく、パンツのみを縫うだけの家系の職人さんもいらっしゃるとか。
そんなイタリアの素晴らしい職人文化を大事にしようと、ビスコンティは万年筆を手作りで仕上げることにこだわりを持っています。

また、外箱にもこだわりが。
フィレンツェは芸術的な美しい包装紙も名産。このフィレンツェ産の紙を外箱に使って高級感を出すことも。
さらに、フィレンツェは革製品でも名のある都市です。ギフトBOXにはフィレンツェ・レザーを使い、一生ものの万年筆をさらに輝かせてくれます。

フィレンツェで生まれたブランドであることを誇りに思い、フィレンツェ産であることを唯一無二の存在価値としてビスコンティは大切にしています。

より芸術的なペンを!デザインへのこだわり

clib-1x250
出典:Glenn’s pens

デザイン性の高さで評価されることの多いビスコンティ。ひときわ目を引くのはキャップ部分です。
天然レジンをもとに作られた軸には、橋を模してデザインがなされたキャップが被さります。この「橋」には、人々の懸け橋となりますようにという思いが込められているそうですよ。

viscontivangogh2012portraitblue-box

上の写真は人気の高い、ゴッホシリーズの「自画像」です。こちらも職人による手作りのレジンで、一本一本丁寧に独特の印象派の色のゆらめきがデザインされていますね。箱にはゴッホの自画像が貼られており、ペンと見比べると、その色や雰囲気の一致性には目を奪われます。
実は私はゴッホシリーズのファンで、「ひまわり」と「アルルの寝室」を持っています。

visconti-amerigo-vespucci-limited-edition-bronze-penna-stilografica

様々な限定モデルを出していますが、デザインの一つの核となるのが「イタリア(フィレンツェ)のアイデンティティ」であるといえます。たとえばこれはアメリゴ・ヴェスプーチ限定モデル(Amerigo Vespucci Limited Edition)。アメリゴ・ヴェスプーチは 大航海時代、コロンブスらが“新大陸”を東南アジアの一部と考えたのに対し、アジアとは別の大陸であることを主張した、フィレンツェ出身の航海士です。
ビスコンティでは希少な1500年代の航海図をもとに、ペンのデザインをしましたが、航海図全体をペンに巻き付けることは困難だったため、イタリアとアメリカ大陸入るようにデザインしたそうです。地図や歴史好きにはたまらない、収集欲をくすぐるいいデザインです。イタリア人であること、フロレンティーナ(フィレンツェ人のこと)であることをデザイン前面に押し出した郷土愛あふれるペンが、このほかにもたくさんあります。

機構や書き味もこだわる、質実剛健なビスコンティ

31kya-h5l-_sy355_
ビスコンティでは近年「パワーフィラー方式」という新たなインク機構を生み出しました。尻軸のピストンを引くことにより2.4―3.8㏄ものインクを吸入できるという便利な機構です。インクカートリッジですと0.8ccなので比べるといかに大量かお分かりいただけるでしょう。しかもダブルタンクといってインクタンク内が二層に分かれているので、インク漏れしにくいという利点があります。

また万年筆の肝であるペン先は主にドイツの会社に外注していますが、「頼りがいのある柔らかさ」と表現されるほど、評価が高かったりします。また「23K パラジウムドリームタッチ 」といってビスコンティ独自のパラジウムのペン先が開発されたのですが、こちらも滑らかな書き心地と人気があります。世界で初めて23Kパラジウムのペン先を使ったことでビスコンティの名をあげました。

まとめ

いかがでしたか?フィレンツェのブランド・ビスコンティは職人の手作りによるクラシカルな万年筆づくりを大事にし、万年筆の歴史を踏襲しつつも、新しい技術やデザインの波を起こしていく、素晴らしいブランドだったのですね。
はやくフィレンツェ行って工房見学したいなあ…。

Il Duomoではビスコンティが通常より10-20%引きでお取り寄せ可能です。Il Duomoのショップも見てみてください。

ビスコンティの商品を見る

Il Duomoのショップで文具をみる

万年筆の使い方・選び方に困ったら

万年筆の使い方・選び方で困ることがあればLINE@からお気軽にご質問くださいね!Il Duomoの店長があなたのお好みの色や予算などを聞いて、リストアップすることもできますよ。

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加

down

コメントする




Editor

岐阜県出身、岐阜県在住。
文具好きが高じて輸入万年筆販売をすることに。 独自ルートがあり、高級文具の種類3000種以上。
Il Duomoのショップはこちら
お探しのモデルがある方は
LINE@やお問い合わせフォーム、
またはメール
でメッセージをどうぞ!
返信はなるべく早くを心がけてます
もっと詳しくみる

LINE@

LINE@で商品のお問い合わせを簡単に♪さらに、LINE@限定でお得なクーポンを配布中。友だち追加してね。

IDで検索↓

【@vfj5261w】

スマートフォン、タブレットの方はこちら↓

友だち追加